元配偶者の再婚と連れ子の養育費について

別れた相手が再婚しても扶養義務はなくならない

養育費の支払いをめぐって時々あるのが、別れた相手が再婚した場合どうなるのかです。

自分の血の繋がった子供の養育費に関しては、基本的に子供が自立できる状態になるまで支払う必要があります。

再婚したと言っても親の扶養義務がなくなるわけではありません。

一方で子供を連れた元配偶者が、裕福な相手と再婚したような場合には、養育費の額を再交渉することは可能です。

元配偶者の連れ子の養育費は?

自分が結婚した相手に連れ子がいたという場合はどうでしょうか。

連れ子との間に血縁はありませんので、結婚している間の扶養義務はありますが、さらに離婚をしてしまえば他人となります。

つまり、養育費を支払う必要はありません。ただし、養子縁組をしていれば話は別となります。

 

浮気調査の仙台探偵.net

 

電話占い【ロバミミ】
ロバミミ
仙台市のおすすめ探偵社
シークレットジャパン東北本部
secret japan tohoku
探偵さがしのタントくん
探偵さがしのタントくん
あなたにぴったりの探偵社をご紹介!街角相談所-探偵-