別居の注意点

別居するときは注意ポイントは?

離婚の意思が固まっている人にとっては、別居はおすすめの選択肢だと言えるのですが、別居に踏み切る時に注意すべきことがあります。

離婚原因の「悪意の遺棄」に当たる可能性

それは、夫婦には「同居義務・協力扶助義務」があるため、正当な理由がないまま、強引に家を飛び出して別居に踏み切った時には、場合によって、法律上の離婚原因である「悪意の遺棄」に当たると判断される可能性があるということです。

別居する時には、黙って家を出ない方がいいですが、もし仮に、パートナーに黙って家を出るような場合、「別居した方がお互い冷静に話し合いができると思うので別居させてもらいます」などと言った手紙を置いていくなど、後で悪意の遺棄と判断されないための対策を取っておくのが無難です。

親権をとれなくなる可能性

もう一つ別居の際の注意点として重要なのが、未成年の子供がいて、かつ、離婚後に「自分が親権を持ちたい」と考えている場合、もちろん子供の意思を尊重する必要がありますが、子供を連れて家を出た方がいいということです。

この点については、裁判所が、親権者をどちらにすべきか判断するときに、子供が置かれた現状を重視する傾向があるため、親権を取りたいのならば、子供と同居しているのが望ましいのです。

また、犬や猫などのペットは、法律上は物扱いとなり、財産分与の対象となります。

夫婦の双方が子供のように可愛がっており、どちらも手放したくない場合、やはりペットと同居している方が実質的には有利なので、子供と同様ペットも連れて家を出た方がいいです。

 

浮気調査の仙台探偵.net

電話占い【ロバミミ】
ロバミミ
仙台市のおすすめ探偵社
シークレットジャパン東北本部
secret japan tohoku
探偵さがしのタントくん
探偵さがしのタントくん
あなたにぴったりの探偵社をご紹介!街角相談所-探偵-