浮気と不倫の違いとは?

浮気と不倫の違いは?

一口に不倫・浮気と言っても、その定義は人ぞれぞれの価値観によって異なると思います。

法律では「本人の意思で配偶者以外の異性と性交渉を行うこと」を不貞行為と定めており、ここでは不貞行為の伴う浮気を不倫と呼ぶことにします。

不倫は不法行為ですので、離婚原因としても認められ、配偶者と不倫相手の両者に慰謝料を請求することができます。

意外かもしれませんが、デートやキスだけでは不貞行為とはいえず、慰謝料請求はできません。

悔しいですが性交渉を伴わないと不貞行為と証明できないのです。そのために探偵による浮気・不倫調査が行われています。

しかし、浮気が原因で夫婦関係が破綻してしまった場合には、「婚姻関係を継続し難い重大な事由」に該当するとして、離婚が認められる可能性はあるようです。

ただし不貞行為があったからといって、即座に離婚・慰謝料が認められるとは限らないため注意が必要です。

また、別居期間が相当に長いなど、すでに夫婦関係が破綻していた場合には、不倫による慰謝料請求が認められないケースもあるようです。

そのため、浮気調査を検討しているなら、別居をしない方が無難なようです。

不倫が発覚したら

探偵による調査で単なる浮気ではなく、不倫していることが確かな場合、相手に要求できるのは以下の三点です。

  • 浮気・不倫をやめさせる
  • 離婚せず不倫相手(と配偶者)に慰謝料を請求する
  • 離婚して配偶者と不倫相手に慰謝料を請求する

浮気・不倫をやめさせることを目的とするならば、自分自身で調べることはできるかもしれません。

慰謝料を目的とするならば、不貞の証拠(肉体関係がある)を集めなければいけなく簡単なことではありません。

浮気調査は相手に一度バレてしまうと、調査を継続するのは難しくなってしまいます。

不倫・不貞の証拠とは?

浮気・不倫をやめさせるだけであれば、二人のメールやLINEのやりとり、デート現場の写真だけでも十分かと思います。

離婚や慰謝料を請求するとなると、繰り返しになりますが、不貞行為があったことを示す証拠が必要となります。

一般的な不倫の証拠となるものは以下のとおりです。

  • 二人でラブホテル・ビジネスホテルに出入りする写真・動画
  • 二人のメール、SNSで肉体関係を前提とする内容のやりとり
  • 本人が不倫を認めた旨の書面・録音

キスやデートの写真、SNS上やり取りだけでは不貞行為の証拠になりませんが、不貞の証拠を補強する材料にはなるため、全て保存しておくことも大事です。

また、慰謝料の金額を増やす(減額されない)ようにするためには、継続的な肉体関係があったことを証明することも必要となってきます。

 

浮気調査の仙台探偵.net

仙台市のおすすめ探偵社
シークレットジャパン東北本部
secret japan tohoku
探偵さがしのタントくん
探偵さがしのタントくん
GPSでの浮気調査「イチロク」
イチロク